ネキシウムという医薬品が胃痛に効く

胃酸過多の症状を和らげる効果が見込めるのがネキシウムです。
お腹の中で精製される酸の分泌を抑制して、pHを上昇させることにより抗菌作用を高めるといったメカニズムが発生するようになっています。
プロトンポンプ阻害剤として日本国内のみならず海外でも良く治療薬として用いられているのがネキシウムだと言えるでしょう。

ネキシウムは飲み薬ですが、薬局やドラッグストアで売られている風邪薬のように一日に二回から三回をカプセルの種類によって服用するのではなく、一日一錠を服用するといった場合が多くなっています。
飲む頻度は一日一回なので、万が一前日に飲むのを忘れてしまった場合でも、一度に二錠を服用するのは好ましくないので避けるべきだと言えるでしょう。
ただし一日に二錠服用するように医師から指示される病気もありますので、その場合には朝と夜に一錠ずつ合計二回飲むようにしてください。

胃痛のほかにもエソメプラゾールマグネシウムが胃を中心に身体にポジティブな影響を与えることから、十二指腸潰瘍や吻合部潰瘍を抑える効果が見込めたり、ヘリコバクターやピロリの除菌の補助などが可能となります。
胃痛を抑える目的以外の面でも広く用いられている医薬品なのだと捉えておいてください。
ただしネキシウムは処方薬となっていますので、個人輸入などで入手して独自の判断で飲むのは危険だと言えます。
医師の指示なしに服用せず、病院や薬局、薬剤師などに処方されてから飲むように心掛けるといいでしょう。

自分だけの判断でネキシウムを飲まないほうがいい理由としては副作用が生じる可能性があるためです。
薬を飲む前に比べて身体がだるいと感じる、急な発熱や鼻血が発生する、気分の悪さから吐き気や嘔吐などの症状が発生するなどといった副作用に注意してください。
医師からネキシウムを処方されたとしてもこれらの副作用があったなら即刻服用を中断して、再度病院に行くことをおすすめします。

ネキシウムはアルコールで服用してもいい?

ネキシウムは逆流性胃腸炎や胃潰瘍、機能性胃腸炎などの効果があると言われています。
ネキシウムはアルコールで服用してよいかの問題になりますが、薬に添付されている文章を確認してもアルコールで服用してはいけないとは表示されていません。
一般的にアルコールで薬を飲む人は少ないはずですが、食事をする前に薬を飲むのを忘れてお酒を飲んでしまい、その後気がついて薬を服用するケースはあるはずです。

しかし添付文書にお酒で服用を禁止しているような文面がなくても、効果のある症状を考えると、おのずと結果が分かるはずです。
例えば逆流性胃腸炎の症状がある場合にはこの薬は処方されます。
注意が必要なのは逆流性胃腸炎の症状や原因を考えると、食道に酸が逆流してしまうことでこの症状が発症してしまいます。
食道と胃の間にある酸が逆流しないようにする境目の蓋のような役割をするメカニズムがあり、胃酸が逆流しません。
アルコールを摂取すると副作用としてこの筋肉が緩んで酸が逆流する可能性が高くなるはずです。
アルコールを摂取する頻度の高い人は酸の分泌量が増加するので症状が悪化する恐れがあります。

またビールやハイボールの炭酸は負担になります。
炭酸が入っているアルコールやアルコールの度数が高いウイスキーやワインや日本酒、ウオッカなどは控えた方がよいでしょう。
どうしてもお酒を飲みたい方は少し薄めの焼酎水で薄めて飲むようにしましょう。
薬についている添付文書でアルコールでネキシウムを服用しないで下さいとは書いてありませんが、症状に効果があるといわれている病名の逆流性胃腸炎や胃潰瘍、機能性胃腸症は全てお酒を控えた方がよい病気です。
薬そのものに問題がなくても病気の症状を考えたらアルコールを控えた方が良いはずです。